信用できない人の詳細

信用できない人

"私が仕事上で一番信用できないな〜と思うタイプは、
「八方美人な人」です。
誰にでもいい顔をしている人、いつもいいことしか言わないような人は、あまり信用できないですね。
以前の職場で、まさにこのタイプの人物がいました。
彼は、お客様にも上司にも取引先にもいい顔をするので、結局そのしわ寄せが部下にくるのです。
嘘をついてでも自分の株を上げよう、というスタンスが身についてしまっていて、
きっと自分でも無意識のうちにあのような態度になるのだろうと思いました。
しわ寄せはくるものの、もちろん部下にも基本的にはニコニコと「いい人」として接してきます。
意地悪されたりするよりも、よっぽど困ると思っていました。
お客様には彼をとても信頼している方も多く、しかしその実は、彼に代わって多くの部下が苦労しながらせかせか働いている状況で、彼を褒めるお客様に対応するのもストレスでしたね。
本音を言わない、というのは日本人の美徳なのかもしれませんが、結局いいことしか言わない人は、はっきりモノが言えないだけだと思います。
その責任を自分でとってもらえれば、別に何も文句はないのですが、職場にいると連帯責任も生まれるので、本当に困っていました。
また、会社の経営が傾き、支店が閉鎖に追い込まれる状況になったときには、一生懸命働いている部下を差し置いて、コネのある取引先などに真っ先に転職活動をしていました。
本当に「裏の顔」といった感じで、信用できない人だなぁと思いました。
というのは、社長に対しては、右腕として、「誰がいなくなっても、私は残ります」なんて立派なことを言ってボーナスをもらっていたらしいので。
社長も、八方美人さに騙されてしまったのだなぁと思いました。
"