テレアポの派遣

おすすめ

テレアポのお仕事なら高時給な派遣会社にしませんか?テレアポ求人で選ばれる人材派遣会社ランキング

テレアポ(テレフォンアポインター)で働くなら時給が高い仕事を選びませんか?電話対応のマナーも身について一石二鳥♪人と話す事が好きなあなたにおすすめの仕事です!

テレアポの派遣のお仕事について

テレオペというと、主にテレフォンオペレーターのことを指します。そのほかの名称としてはテレマーケティング、コールセンターともいわれています。それではどういった仕事なのかを詳しく見ていきましょう!

テレアポの派遣の仕事内容とは?

テレアポの仕事は大きく分けて「インバウンド業務」と「アウトバンド業務」の2種類があります。「インバウンド業務」とは、電話やFAX、メール、ホームページを通してお客様からの注文や問い合わせを受け付けます。

そして、受けた問い合わせに対してお客様対応をする業務となります。いわゆるコールセンターに位置づけられた職務で、受けの応対業務となります。

一方、「アウトバンド業務」は顧客データをもとに販売促進や営業のための電話をかけることで、お客様と接触を試みる業務になります。こちらはテレマーケティングに属し、積極的に外に向かった業務となります。

一言でテレアポといっても、インバウンドかアウトバンドかで大きくその業務は異なります。もちろん、配属部署によって業務が入れ替わることもありますし、両方の仕事をしなければならない場合もあります。

募集している業種も幅広く、損害保険会社、クレジット会社などの金融系から化粧品会社、サロン、通信会社やショップなど様々です。コールセンターによってはデスクによって会社が異なることもあります。専門知識が必要な企業の場合は前職の経験などから判断される場合もあります。

派遣先がどういった業種を募集しているかは非常に重要なので、事前にどういった業種があるかは調べておきましょう。

そして、テレアポは髪型や服装自由なところが多いのでラフに仕事に行けるのも魅力的です。それでは、続いてテレアポはどういった方が向いている仕事なのでしょうか?

テレアポの派遣に必要なスキル、身につくスキルとは?

テレアポはとにかく電話でのやりとりをすることが仕事です。そのため、最も必要なスキルは電話応対スキル、コミュニケーション能力となります。正しい日本語や聞き取りやすい話し口調などが重要です。
そのため、コールセンターなどの経験者は優遇されますが、研修によっても十分身につけられますので、未経験者歓迎のところが多い傾向にあります。明るい声、正しい日本語や敬語を使える方、そして冷静な対応ができる方は重宝されるでしょう。

テレアポの派遣が勤務する日や時間帯

基本的には企業が電話応対できる時間帯の9時から21時くらいまでのうち6時間〜8時間、週に3〜5日勤務のところが多いです。シフト制で、休暇は平日が主な会社もあれば、土日休みの所もあるなど様々になります。派遣であっても残業があるところもありますが、基本的にはシフト制で交代勤務が多いのでないところがほとんどです。コールセンターは基本的に勤務している人の数が多いので、あまりないと考えて良いでしょう。

テレアポの派遣の給料

給料は一般事務などに比べ高いことが多いです。都内であれば時給1,600円前後、金融などでも1,300円以上となっています。給料が高めであることはテレアポ業のメリットです。

テレアポの派遣として働くメリット、デメリットとは?

派遣で登録することのメリットはシフト制なので、人間関係を気にせずに仕事を入れやすいことでしょうか。そのため、派遣であればプライベートを重視した生活がおくりやすいと言われています。しかし、テレアポの仕事は配属人数が多いのでそれほど人間関係が大変といったこともないので安心してくださいね。

そして、企業とのあいだに派遣会社が入っているので、何かがあった時に派遣会社が頼る場所として存在することです。万が一サービス残業などが発生しした場合は、派遣会社が相談窓口として入ってくれるので精神的にも安心して働くことができます。

デメリットはパートやアルバイトよりも給料が多いので、場合によっては板挟みに会うことです。「給料がいいなんてメリットでしょ?」と思われるかもしれませんが、このことはデメリットにもなり得るのです。

企業は派遣会社に多めの給料を支払っているので給料相応の仕事を求めますが、実際に本人が手元にもらう給料はその金額ではなく、派遣会社に差し引かれた金額です。そのため、求められる仕事の大きさに士気が下がる方もいます。

テレアポは採用枠が多いので、パート・アルバイトでも採用される可能性が高い職種です。そのため、派遣で入る善し悪しを個人で判断して選ばれることをおすすめします!

テレアポの派遣がおすすめの方はどんな方?

おすすめはプレッシャーに強い方、プライベートを充実させたい方、Wワークをしている方などです。給料以上のものを求められるので、経験者や仕事に慣れている方はおすすめできます。また、派遣であればサービス残業などは基本ないと考えられます。そのため、プライベートを優先でき、Wワークをしていてもほかの業務に支障が出にくいのが嬉しいところです。

テレアポで働くのに派遣とパート・アルバイトとどっちがいい?

テレアポであれば、どの形態で入られてもあまり変わらないと思われます。その理由は、テレアポは採用人数が多く、人の入れ替えが激しい職種なのでどれであっても遜色ない職種だからです。

テレアポの場合、パートやアルバイトであっても日雇いや1ヶ月などの短期もあれば長期契約、社員登用など幅広く採用しています。これは派遣であっても同様です。そのため、その方にあった働き方を選ぶのがよいでしょう。

テレアポの仕事でおすすめの求人サイトは?

件数の多さが圧倒的なリクナビ派遣やエン派遣などがあります。テレアポであれば相当な件数が出てきますので、通いやすい場所やWワーク可能など、マッチした派遣先を選ぶことができるでしょう。

また、テレアポであれば、直接派遣会社のサイトで調べてみるのもよいでしょう。例えば大手ならテンプグループやスタッフサービスなどがあります。サイトからでも検索できますので、チェックしてみましょう。

総括

テレアポの仕事は採用人数が多いので、条件を選びやすいのがとても魅力的です。一般事務よりも給料も多く、内勤の中では高給な職種です。

その分、常にお客様と連絡を取り続けるのでコミュニケーション能力が必要になってきます。同時に、テレアポに勤めることで正しい日本語や敬語が身に付き、スキルアップ出来ること間違いなしの職種です。

一方、派遣であるメリットはあまり高くありません。とはいえ、デメリットがあるというわけでもないので、パート・アルバイト・派遣のいずれであっても良いと思われます。

その上、テレアポは単発でも長期でも働くことのできる職種のため、経験を積んでおくと再雇用もされやすいので、再就職に強い職種ということがよく分かります。

最新のエントリー一覧

私が思う派遣のメリット・デメリット
"最近ではテレビで派遣会社の宣伝を目にすることがあります。 今は違いますが、かつ...

パン工場のパン入れ籠を洗う仕事
"今から10年位前になりますが、あるパン製造卸会社に派遣されたときの事です。 パ...